k-lazaro’s note

人と世界の真の姿を探求するブログです。 基盤は人智学です。

アーリマンの受肉

ソロヴィヨフのアンチキリスト予言と現在の世界情勢 ②

フリッチョフ・カプラ氏とその著作 この項目の①では、インゴ・ホッペIngo Hoppe氏の著書『アンチキリストの短編物語』に基づき、ソロヴィヨフのアンチキリストの予言物語は、メルヘンや寓話的な表現であり、実際に起きるであろう出来事をそのまま描写したも…

ソロヴィヨフのアンチキリスト予言と現在の世界情勢 ①

ソロヴィヨフ 以前、19世紀ロシアの哲学者、文明批評家、詩人、ウラジーミル・セルゲイェヴィチ・ソロヴィヨフのアンチ(反)キリスト出現の予言について触れた。 それは、1つの物語となっており、ごく簡単に紹介すれば、アンチキリストが、最初、世界的な…

左道のオカルト・ロッジで働く者はどこから来たのか?

前回、左道のオカルト・ロッジの背後にある霊的存在の話を紹介した。今回は、その配下にいて、実際にそのロッジを支配している者達の話である。これも、前回と同様にエルトムート・ヨハネス・グロッセ氏の『自我のない人々は存在するか?』に基づく。 この本…

アーリマンの受肉はいつ起きるのか? ②

シュタイナーによるアーリマンの頭部 「アーリマンの受肉はいつ起きるのか?」の後半である。 前半では、「アーリマンの受肉の目的を援助する8つの潮流」が述べられたが、現在の世界情勢を見ると、それらの潮流が非常に強まっていることは明らかである。 コ…

アーリマンの受肉はいつ起きるのか? ①

人類の代表 シュタイナーは、いわゆる悪魔についても語っている。一般に悪魔と言えば、神に対抗する霊的存在で、人間を誘惑し悪へと導く。シュタイナーによれば、こうした霊にもいくつかの種類がある。最初に神々が創造した宇宙には、悪魔が存在しなかったが…

エーテル界を巡る戦い

感覚によって捉えられる物質的世界だけが世界ではない。物質的世界の他に目に見えない世界が存在しており、真実の世界は、それら多重の世界が入り交じっている。目に見えない世界とは、大きく言えば、物質界の「上に」エーテル界、アストラル界、霊界が存在…

監視社会と人間性の破壊、アーリマンの受肉

シュタイナーの指示に基づくアーリマン像 アメリカのバイデン政権が、「誤報(ディスインフォメーション)管理委員会」を創設すると報道されている。政府が誤情報を認定し、情報を規制するというのである。これには、ジョージ・オーエルの『​​1984』(全体主義…